ALL POSTS

ベーリングプラントのバリスタ

2015.11.07

 

NOW!のコーヒーはボリビア・ボリンダ

「ボリビア」

新興の生産国ですが、上質なコーヒーが採れ、注目されています。

口当たりの滑らかさはとても心地よいですよ

来週までは味わえるでしょう〜

 

さてさて

ベーリングプラントのコーヒーの特徴は「甘さ」

 

この味覚なくして、美味しいコーヒーは有り得ません。

といいますか、美味しいという感覚に、甘さは必要不可欠ではないでしょうか?

 

しかし、日々お客様のコンディションは変化していて

香ばしいナッツやシロップの様な甘さが必要な時もあれば、果汁感あふれる酸味を欲する時もあるかと

 

 

先日お客様が、閉店間際にみえて・・・

 

「とにかくここのコーヒーを飲みたいから、一杯だけでも」

 

とお忙しい中、時間を作って下さり、当店の味を求めてご来店いただきました。

大変疲れている様子でして

その時にお出ししたのは、「ルワンダ・ルヴンブ」

2014年のカップオブエクセレンスでの第3位のコーヒー

ブラックベリーやハーブ、とにかく「甘さ」と「クリーンカップ」による表現力豊かなこのコーヒー

繊細な味わいは疲れている時、ほっとした存在に・・・

 

飲んだ瞬間は、ビールを飲んでくぅ〜っと言ってるような感じで

最終的にお客様はコーヒーに「ありがとう」と言ってました(笑)

 

 

実際

コーヒーを味わう時に、お客さまのコンディションや、フードペアリングの重要性を最近よく感じます。

今いったいお客様にとってどんなコーヒーが、どんなサービスが、どんな音楽が必要なのか、

 

あるお客様は

アメリカーノとティラミスをご注文いただき、クリームとアメリカーノの液体のさらっとした感じが

合うね!

 

 

あるお客様は

深煎りのコーヒー、ローストしたナッツを感じ少しジリッとビターを出してみた味わい

濃厚で甘いチョコレートケーキに

合うね!

 

 

バリスタはお客様のニーズの味覚を、常に考え作り上げていく、作り上げれるものだと思います。

自分の好みや、求めているものを知っているスタッフがいるお店は、とても落ち着きますよね

安心感と言いますか・・・

 

ベーリングプラントの考えるコーヒーの味、もっともっと知っていただける様

 

味やサービスで皆様にアプローチしていきたいと思います。

なんなりと笑

 

ワークショップもおかげさまで、満員になりつつあります、ありがとうございます。

当日の様子、またレポートさせて頂きますので、お楽しみに〜

 

では

アディオース

 

 

CATEGORY : KINFOLK ,NEWS